MENU

コース・プログラム

奈良教育大学教職大学院では、

  • 専門的な知識をもとに、「実践できる」力を育てます。
  • 常に自らの実践を振り返り、よりよい実践を構想する力を育てます。
  • 教員として学び続けていくことのできる力を育てます。

学びの4コース

プロフェッショナルとしての教師
 将来管理職となる者も含め、学年・学校単位や地域単位の教員組織・集団の中で、中核的・指導的な役割を果たすことが期待されます。
 本大学院では、次のような学びの4コースを設けています。

学校組織マネジメントコース

  • 児童生徒・保護者、同僚にも自分の指導方針についてわかりやすく説明できる教師を養成します。
  • 学校教育の改革推進、調査研究推進にかかわって、学校のリーダーになれる教師を養成します。

学習指導コース

  • 学級経営や生徒指導を踏まえて多様な授業(教育)方略を立て、評価し、授業改善に取り組むことのできる教師を養成します。
  • 専門的な知識、技能等を実践の場で多面的に生かし、教科の面白さや有用性を伝えることのできる教師を養成します。

生徒指導コース

  • 生徒理解、生徒指導の多様な方法を身につけ、実践の場に活かすことができる教師を養成します。
  • カウンセリング、キャリアガイダンスに関する知見を生かし、児童生徒・保護者、同僚を支援できる教師を養成します。

特別支援教育コース

  • LDやADHD等の発達障害をはじめとする障害のある児童生徒に対応できる知識を持った教師を養成します。
  • 特別なニーズを持つ子どもに対する指導・支援の具体的な方法を学び、特別支援教育に関する高度な実践的力量を持った教師を養成します。
プログラムの様子

小学校教員免許取得プログラム

 本学教職大学院においては、教員免許状を有していない学生及び小学校(二種)、中学校、高等学校又は幼稚園の教諭の普通免許状を有し修了時に小学校教諭専修免許状の取得を希望する学生を対象として、「小学校教員免許状取得プログラム」を開設しています。

学年コース内容
3年コース原則として1年次に小学校教諭一種免許状取得に必要な授業科目を履修し、2年次、3年次において、通常の教職大学院の教育課程を履修します。
4年コース原則として1・2年次に小学校教諭一種免許状取得に必要な授業科目を履修し、3年次、4年次において、通常の教職大学院の教育課程を履修します。

修学期間に応じた授業料が必要です。

修学期間は、小学校教諭一種免許状の取得に必要な単位数に応じて、3年或いは4年となります。(目安としては、幼中高の教諭の普通免許状を取得済みの場合は3年、それ以外は4年となります。)

教育職員免許法の改正に伴い、現在、文部科学省へ教職課程認定の申請を行っています。 平成31、32年度の入学生については一部の教職科目の開設時期が2年次以降になりますので、本プログラムの履修を計画されている場合は、詳細等について、必ず出願までに教務課大学院 担当(TEL 0742-27-9322)へ照会して下さい。

特別支援学校教員免許取得プログラム

 本学教職大学院においては、小学校、中学校、高等学校又は幼稚園の教諭の普通免許状を有している学生で、特別支援学校教諭一種免許状の取得を希望する学生を対象として、3年コース「特別支援学校教員免許状取得プログラム」を開設しています。

学年コース内容
3年コース1年次に特別支援学校教諭一種免許状取得に必要な授業科目を履修した後、2年次、3年次において、通常の教職大学院の教育課程を履修します。

修学期間に応じた授業料が必要です。