MENU

その他

2020.08.06

教採対策…現職院生にアドバイスをもらう

教員採用試験の模擬授業は、院生たちにとっては準備がむずかしい試験の一つです。
100クラブ(教採対策)で、先生方に指導していただくこともできますが、その機会だけでは足りないことも。

演習室にこもって、板書しながら一人でひたすら何回も授業を流している・・・という姿もよく見かけます。

しかし、先日、演習室では・・・

「自分なら、あそこの場面では・・・」「・・・という展開もあるかも」と、ストレート院生の模擬授業についてコメントする姿が。

アドバイスしているのは、教職大学院の教員ではなく、現職院生(M2)です。

ぜひ模擬授業を見てアドバイスがほしいと、試験を間近に控えたストレート院生に依頼され、勤務と学位研究で忙しい合間を縫って来てくれていました。

このように頼れる現職教員の「同級生」が身近にいると幸せですね。

教員採用試験の模擬授業、ぜひ自信をもって臨んでください。